たまりば

  日記/一般 日記/一般  町田市 町田市

2018年04月26日

失敗してしまう場合もあるでしょう

失敗してしまう場合もあるでしょう。探偵の仕事は依頼された調査を行えばいいということではありません。

浮気しているかどうかを調査すると、何かしらのトラブルが起こるものです。そういう時には、依頼した人のことを一番最初に考えてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。探偵が信用できるか否かは、お話を進めるときの印象などで落ち着いて決めてください。



身なりを確認して浮気の裏付けをすることもできます。浮気をすると、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然、服装にこだわりができたら注意が必要でしょう。

この先、浮気に進展しそうな人や、とっくに浮気のパートナーがいたりするかもしれません。



問題なく探偵が調査をしていても、依頼者側に落ち度があって、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって証拠集めがやりにくくなり、失敗してしまう場合もあるでしょう。

いくら探偵の浮気調査でも、100%成功することはあり得ないのです。

失敗した場合の代金についても、調査する前に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。



相手に全く覚られずに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、しっかりした機材と技術が必要になります。浮気の現場をカメラにおさめても、露出が不足して顔の見分けが付かなければ残念ながら証拠とは言えません。

浮気調査を探偵に依頼した場合は、超小型の機材を使い相手が気づかないうちに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。




だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、平均で3〜4日かかるといわれています。

覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあります。

逆に、怪しい日が特定済みの場合は、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。



  • 上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    失敗してしまう場合もあるでしょう
      コメント(0)